京都エリアで賃貸不動産をお探しなら、京都地域密着の賃貸のハウツーホームへ

京都市、城陽市、宇治市、京田辺市、木津川市エリアを中心とした京都の賃貸物件ならおまかせください。

京都の賃貸・テナントは『ハウツーホーム』にお任せください☆

京都の賃貸はハウツーホーム

  • 代表 075-212-1515
  • 【営業時間】 10:00~19:00【定休日】水曜日

騒音VS管理会社

皆様こんにちは。南管理課です。

肌寒くなってきましたね。

お風邪など召されないよう体調管理には気をつけましょう。

 

さて、本日は騒音について。

度々、弊社にも騒音の苦情が寄せられます。

ある程度の生活音は仕方がないので、共同住宅にいる以上入居者の皆様にはご協力を頂く形にはなります。

ただ人はそれぞれ価値観が違いますから、ある人は気にしなくとも他の人は気になるということがあります。

 

管理会社にご相談いただき、注意文を投函するなどして改善することもあります。

ですがそれでも改善しない場合、管理会社として対策がなかなか取れないことが多いです。

 

騒音といっても色々なパターンがあります。

よくあるのが生活音。

上の階の方の足音がうるさいとか、隣の人が壁を叩くとか、子供の声や人の話し声、テレビの音がうるさいなどです。

この場合は、原因となっている方を特定して注意することができます。

聞く耳を持ってくれる常識的な方であれば解決も早いでしょう。

一番嫌なのは、聞く耳を持ってくれない人ですね。

この場合は、最悪法的な手段に訴えるなどの必要が出てくるでしょう。

その為には、証拠をそろえる必要などがあり、法的な手続きをするなどの手間も出てきます。

もちろん民事訴訟なので入居者同士のやり取りとなります。

 

騒音の原因がわかれば、話合いで解決を図るなど動くことができますが、原因がわからないパターンが一番厄介です。

誰があるいは何がうるさい原因なのかがわからないと対応のしようがありません。

まずはそれを特定することが必要となります。

生活音で言えば、建物の構造上音が反響する場合がありどの部屋から音がするのかが特定できなかったり、

外で騒ぎ声がするが、住人なのか近所の人なのかわからないなどです。

 

ちょうど最近、夜に寝ようとしたとき、外から男女が言い争いをしている声が聞こえてきてきました。

最初は気にしてなかったんですが、だんだん「なんかうるさいな」と感じました。

外に出て確かめようにも、万一目が合って難癖つけられたら怖いので、部屋内で耳を澄ましてました。

あまりにも長引く様なら警察呼ぼうかな~って考えたりもしましたね。(不審者とかだったら怖いですからね)

幸いしばらくしたら声も聞こえなくなりましたので、そのまま寝ちゃいました。

 

実際体験してみると、どうしよう、怖いなと戸惑うものです。

今回の場合は、同じアパートの住人というわけではないので何もしませんでしたが、頻発しないことを祈ります。

 

騒音といえど、管理会社で対応できることには限界があります。

何度も言いますが、一番厄介なのが原因がわからない場合。

ちょっと調べて見たら、携帯のアプリや民間で騒音調査をしている会社もあるみたいですね。法人だけでなく個人の依頼も受けてくれるみたいです。

色々あるんだな~と思います。

これらを活用して、管理会社として騒音問題解決に少しでも取り組めたら良いな~と思います。

 

 

copyright (c) 2015 Howtohome all right reserved